ウェザーニュース
最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク
最新コメント
profile


管理人:sarilin
出身・在住⇒滋賀県大津市
生年月日 ⇒1970年12月
血液型  ⇒O型
職業   ⇒キャディ
わけあって、シングルママになりました。息子と二人で忙しい毎日を送っています。性格はいたって明るい、しかし大きいことには動じないが小さいことに大きくびびります。物事は形からのわりに何でも適当!
だけど、どうでもいいことには細かい。育児もとにかく楽がしたい(笑)寝るのと、食べるのと、Mr.Childrenが大好き。

息子:かーくん
出身・在住⇒神戸市・滋賀県大津市
生年月日 ⇒2004年8月
血液型  ⇒A型
職業   ⇒小学生
好きな物 ⇒玉子焼き、ミカン、ポケモン、サッカー
嫌いな物 ⇒豆、キノコ、丸坊主、耳かき
将来の夢 ⇒学校の先生
生後1ヶ月のとき川崎病で生死の境を2日間さまよいましたが、今ではとても元気。先天性の眼振がありますがそんなこと気にもさせないほどのやんちゃぶり。

plugin-search
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かーくんと病気との戦い 1

入院1日目
市民病院に着いてすぐに救急へ紹介状を持っていくと中へ入るようにいわれた。
点滴の管をつけたまま来たのになぜかそれは抜かれて又新しいのを
今度は腕に入れられた。
痛くて泣くので、先生と看護師さんは外で待つように言ってきた。
でもなぜか、私はすごく冷静でさめていた。
一通り検査をされた。血液検査・隋液検査・尿検査。
しばらくして、中に呼ばれた。泣いていたのはうそみたいに静かに眠っている。
今思えば、この日は本当によく眠っていた。
看護師さんにいろいろと問診されて先生の説明を聞く事になった。
隋液検査の結果、今のところ髄膜炎は起こしていないが隋液を取るとき
普通はちょろちょろ出てくるものなのだがすごい勢いで出てきたらしい
この事からもしかするとこれから始まるかも知れないといわれた。
又、血液検査の結果は前病院と同じく炎症反応が10倍以上
血液中、体中に何かの菌が入って悪さをしている。
その菌を今から調べるのとやっつけるために入院して治療が必要です。
今1つ言えるのは、尿路感染症もしくは髄膜炎の初期段階だと思います。
とのことでした・・・。ぴんと来ませんでした、育児書にその二つの病気は
載っていたのでさらっと見たことはあったけど・・・。
「先生、そんな大事じゃないんですよね?」と思わず聞きました。
先生は渋い顔をして「いいえ、お母さん1ヶ月でこれだけ高い熱が出ると言う事は
大事です」と・・・。
「分かりました」私はこの言葉しかいえませんでした。
すぐに旦那に連絡を入れました。
旦那は「実家に連れて行くからや!!」と怒っていました。
私は「そんな事私が一番わかってる。人を追い込むような事今いうな!!」
と電話を切りました。それまで我慢していた涙が止まらなかった。でも、無理やり
とめて、救急へ戻りかーくんの病室へ移動まで隣で小さい手を握っていました。
心の中で、何度も何度も「ごめんな」を言っていました。
病室に上がろうと移動しかけたとき旦那が到着しました。
先生には、旦那がきたら説明してくださいとお願いしてあったので上手く説明して
くださいました。
病室へあがって一息ついて担当医の先生が2人こられました。
一人は、最初に救急でお話した男の先生、もう一人は若いボウイッシュな女の先生。
とにかくまだ何の菌か分からないので検査をしながら熱が下がるよう抗生剤を
つかって行くとのことです。
小さい手に2本も点滴されて・・・。痛いだろうな。私のせいだごめんな・・・。
でも、先生は夕方には髄膜炎でないのでおそらく尿路感染症でしょうと言われました。
「何が原因なのですか」と聞くと「簡単に言うとおしっこの逆流です。
お母さんのせいじゃないですよ何かしたからとかそういうことでなく調べないと
分かりませんが先天性のものかそうでないかとにかく事故だといったほうがいいかな?」
と言ってくださいました。
ホッとしました。肩の荷が下りたというか・・・。
夜になり、私は前の日からあんまり寝ていなかったせいでひどい頭痛がして
看護しさんがおっぱい以外は寝ててくださいと言ってくれ寝かせていただきました。
だってこれから長いからと・・・。でもなかなか頭痛と授乳で寝れませんでした。
看護師さんは夜中だけでもミルクにしましょうか?といってくれたけど私に出来るのは
かーくんにおっぱいを飲ませてあげる事ぐらいだから断りました。
看護師さんは交代で眠らないかーくんを抱っこしてくれていましたが・・・実はかーくんは
抱っこではねないのです。添い寝派なのです。
しかも、氷枕をいやがるし・・・。
ベッドに添い寝してあげたかったけど看護師さんにそれはちょっとと言われ
あたり前だけど点滴や色んなものをつながれているので無理・・・。
明け方になっても熱は下がらず点滴の効果なし。看護師さんは私には言わなかったけど
40℃近くあがっていたそうです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。